ラックマウントタイプのKVMスイッチと接続ケーブルのスペースはどれくらい?

ラックマウントタイプのKVMスイッチ

ラックタイプのKVMスイッチを設置したい場合には、データセンターなどで使われている電子機器収納ラック向けに設計されていますので、サーバと共に収納がしやすいのが利点です。その為、ラックマウントタイプのKVMスイッチを設置するスペースは、スイッチ一台当たりラック一つで済みます。また、接続ケーブルのスペースはKVMスイッチの台数、ポートに接続しているUSB対応キーボードやマウスなどの数に応じて変わってきます。KVMスイッチ本体は、サーバラックに設置出来るほど薄型ですので、一般的なサーバルームやオフィスに設置する予定であれば、それほどスペースを取らないでしょう。
ラックマウントタイプの切替器とそれに接続する機器、コンソールの組み合せ方は、設置スペースに合わせて考えていく必要があります。このタイプのKVMスイッチは、低価格モデルよりも高機能であり、データセンターのように大量のサーバを接続して一元管理をする場合にはディジーチェーンなどが出来ますので適しています。
ラックマウントタイプのKVMスイッチに接続出来るケーブルの種類は、その機種によって違いますのでポートの種類を確認しておくと良いでしょう。

ラック型KVMスイッチ製品の利点は?

ラック型KVMスイッチ製品を使う利点は、サーバラックに収納がしやすく、低価格モデルよりも高機能で耐久性がある事です。コンソールから複数のUSB機器を共有して複数のサーバで活用したいというユーザーにとっては導入しやすい製品です。
データセンターなどではサーバが常時稼働していますので、コンソールから管理出来るシステムを構築する事で一元管理が行え、サーバが不具合を起こした場合にも直ぐに対応する事が可能です。ラック型KVMスイッチは、サーバ環境を構築する際に必要な物であり、多くの企業のサーバ環境構築に役立ちます。企業では、多くのクライアント端末がシステムにアクセスする機会が多いですので、ラックタイプのKVMスイッチを活用して構築したシステムは、その要求に広く応えてくれます。大規模なシステムを構築し、システムの管理がしやすい環境を整えていく事が可能です。
ラックマウントタイプのKVMスイッチは、高耐久性の電子パーツで作られている為、長期的にシステムを運用するような用途に適しています。また、現在発売されているKVMスイッチは、KVM over IPに対応していますので、リモートでの管理がしやすいのが利点です。