KVMスイッチならHDMI接続で1つのマウスが複数PCで使える

知人などから中古のパソコンをもらった時などに本体だけだった時、もう一組のマウスやキーボードを買う必要があると思っていないでしょうか。

一つのマウスで複数のパソコンを操作できる機器があります。マウスだけでなくキーボードやディスプレイも一組あればそれで2台のパソコンで共有することができるのです。

キーボード、マウス、ディスプレイはそれぞれ一台ずつで、パソコンの本体を切り替えて洗濯しながら利用します。
KVMスイッチというものなのです。これは「キーボード」「マウス」「ビデオマウス」を頭文字をとったとさえ言われている程で、当然マウスの共有が可能になるのです。
接続はそれほど難しくなく本来パソコンと繋がっているマウスの間に切り替える切替器が挟まると考えればよろしいでしょう。

切替器の種類としてPS2接続をつなげられるものや、DVI接続対応だったり、HDMI接続対応だったりさまざまなKVMスイッチの製品が出ていますので、ご自分がお持ちの周辺機器の接続端子に合わせて選ぶと良いでしょう。

基本的にはドライバーのインストールなども必要なく、即座に使うことができます。漢字割合増加分漢字割合増加分漢字割合増加分漢字割合増加分漢字割合増加分漢字割合増加分。

KVMスイッチのUSBケーブルを選ぶポイント

当然KVMとパソコンを接続したりマウスを接続する時にはUSB接続のケーブルが必要になりますが、それも工夫をすることによってとても使い勝手が良くなったり悪くなったりするので気をつけましょう。

もちろん最初に注意すべきなのはコードの長さです。ある程度のコードに余裕がないとマウスを動かす時などに引っかかって動かしにくくなってしまう可能性があります。

またパソコンを切り替えながら使っている時にパソコンの別のパソコン同士でコピーアンドペースをしたくなる時があります。それは基本的にできないのですが「シェアUSBケーブル」というものを使うと可能になります。
ディスプレイはそれぞれパソコンしなければいけませんが、パソコンとパソコンの間にこのシェアUSBケーブルをつなぐと両者のパソコン間でコピーペーストなどもできるようになるのです。

大きさはUSBメモリぐらいなので全く幅もとりません。そうすると両者のディスプレイをマウスで矢印がマウスポインターが移動しますので、それでコピペも可能になるのです。

異なるパソコンの間でもコピー&ペーストができるのでかなりおすすめです。

カテゴリー: HDMI