HDMIインターフェイスに対応したKVMスイッチ(パソコン切替器)のメリット

おすすめしたいKVMスイッチ

HDMIはHigh-Definition Multimedia Interfaceの略語で高精細度マルチメディアインターフェースと訳されていて日本の他世界の7社で共同で規格が策定されたと言われています。

デジタル家電向けのインターフェースとされ2002年12月に仕様が策定されパソコンとディスプレイの接続標準規格であるDVIを基本に音声伝送や著作権保護、色あい伝送の機能などが含まれAV家電に向けて改良されました。

これによって転送中に音質や画質が劣化することはないとされ、映像とか音声をデジタル信号で伝送する通信インターフェースの標準規格とされています。
この規格を準拠製品とする場合は接続確認試験に合格しなければならないと言われています。

コネクターは標準タイプや高解像度に対応するもの、ビデオカメラ、携帯電話やデジタルカメラ、自動車用など5種類あり、ケーブルもスタンダードタイプとハイスピードタイプの2種類あります。

映像と音声、制御信号の伝送を1本のケーブルで実現しAV機器の配線を簡略化することができ、完全デジタル伝送であるためにDA/ADの変換回路が不要でしかも情報劣化がないというメリットを持っています。

4ポートUSB対応KVMスイッチがおすすめ

KVMスイッチはKeyboard、Video、Mouse の略語で1組のキーボードやディスプレイ、マウスで複数のコンピュータを操作できるハードウェアの接続器のことを言いCPU切替器とかPC切替器という名前で呼ばれることもあるとされています。
複数のコンピュータがこれに接続されますが同時に操作できる台数は制限されています。

最近の機種ではUSBデバイスやスピーカーを共有できるものも出て来ています。又一部のスイッチは1台のPCに複数組のディスプレイとキーボードやマウスを接続するタイプのものもあり逆方向にも働くようになっています。
1台のコンピュータに複数の位置からアクセスしたい場合には便利になるとされます。
各機器は接続できる台数に違いがあり、2台から512台までつなげるものがあると言われています。

データセンターなどは多数のサーバを抱え個々にキーボード類を配置するのは困難で、この場合1組のKVMスイッチがあれば1組のキーボード類で任意のサーバーに接続して使用することが出来ます。

家庭用としては4ポートUSB対応KVMスイッチが販売されていてこれが便利でおすすめとされています。